水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

新じゃがいもとじゃがいもの違いは?保存方法や栄養成分など解説

      2016/02/04

じゃがいも
春先になるとスーパーで並ぶ新たまねぎや新キャベツ…そして新じゃがいも!

どれも瑞々しい食材で新と名前が付いちゃうとなんか買いたくなってしまうのが不思議です。

そんな野菜たちの中で今回は新じゃがいもについてお話していきますね。

新じゃがいもと普通のじゃがいもの違いや保存方法や栄養素などについて早速次から解説していきます。

スポンサーリンク

 

新じゃがいもとじゃがいもはどう違うの?

新じゃがいもとは普通のじゃがいもを早く収穫したものです。

新じゃがいもは別の品種という訳ではなく元々は普通のじゃがいもと一緒ということですね。

また新じゃがいもは普通のじゃがいもよりも水分が多く皮が薄いため、皮ごとたべることができるじゃがいもなんですよ。

新じゃがいもにはどんな栄養成分が含まれているの?

みかん
新じゃがいもはじゃがいもを早めに収穫したものなので、含まれている栄養は普通のじゃがいもと同じになります。

新じゃがいもに含まれている栄養素はビタミンB群やビタミンC、それからミネラル成分がとても豊富に含まれています。

特に注目したいのが新じゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれていて、なんとみかんと同じくらいビタミンCがじゃがいもには含まれているんですよ。

そしてじゃがいものビタミンCは熱にとても強いので煮たり焼いたりと加熱しても壊れにくいのがうれしいところ。ガンや高血圧など成人病の予防や美容にも効果が期待できる野菜なんですね。

ちなみにビタミンCは新じゃがいもの方が豊富に含まれています。

これはじゃがいもは収穫したての方がビタミンCが多く含まれているので、新じゃがいもは普通のじゃがいもよりもたくさんビタミンCが含まれているんですよ。

ビタミンCは水や火に弱いのにじゃがいもだと大丈夫なのはどうして?

ビタミンCは水や火に弱いので加熱したり調理しちゃうと失われることが多いんですよね。

ですがじゃがいもなら加熱してもビタミンCが失われにくいのはなぜでしょうか?

それはじゃがいもの場合はビタミンCはでんぷんに守られているので、調理してもじゃがいもに含まれているビタミンCをたっぷりと摂ることができるんですよ。

スポンサーリンク

 

じゃがいもの栄養は皮と実の間にある

じゃがいも
他の野菜と同じくじゃがいもの栄養素も皮と実の間にあるんです。

ただ普通じゃがいもを食べる時は皮を剥いて食べますよね。なので効率的に栄養素を摂りたい場合はじゃがいもは向かないかも…。

でも新じゃがいもは普通のじゃがいもと違い皮が薄いため、栄養がモリモリ詰まった皮をそのまま食べることができちゃいます。

じゃがいもに含まれる栄養素をバッチリ摂りたいなら、新じゃがいもを皮ごとムシャムシャ食べるのが一番ですね。

じゃがいもは長期間保存できますが新じゃがいもは保存できません

普通のじゃがいもは長期間保存することができますが、新じゃがいもは水分が多いため日持ちしない野菜なんです。

新じゃがいもをじゃがいもと同じ感覚で保存しているとすぐにダメになってしまうので気を付けましょう。

新じゃがいもはどうやって保存すればいいの?

じゃがいも
新じゃがいもは日持ちしないので出来るだけ早く食べきった方が安全ですが、食べきれなくて新じゃがいもを保存したいときもありますよね。

新じゃがいもを保存する時は新聞紙などでじゃがいもを包んで冷暗所で保存します。

とにかく新じゃがいもに日光が当たらないようにしてください。

新じゃがいもは光に当たると皮が緑化したり芽が出やすくなってしまいます。そうなるとソラニンという有害物質が発生しやすくなるため、新じゃがいもを保存する際は日光に当たらないように注意してください。

それから新じゃがいもは低温によわい食材なので冷蔵庫に入れて保存するのはやめて常温で保存してくださいね。

新じゃがいもを保存できる期間ですが1週間から10日くらいです。

ですが新じゃがいもは何と言ってもあの瑞々しさが堪能できるのがポイントだと思うので、新じゃがいもを買ってきたら早めに食べることをオススメします。

新じゃがいもの違いと栄養素・保存方法まとめ

新じゃがいもは普通のじゃがいもを早く収穫したもので、みずみずしく皮が薄いのが特徴的なじゃがいもです。

じゃがいもにはビタミンB・ビタミンC・ミネラル成分が豊富に含まれている。

特にじゃがいものはビタミンCがとっても豊富で加熱してもビタミンCが壊れにくいのが魅力。

ただ普通のじゃがいもは長期間保存できるけど新じゃがいもは保存には向かないので早めに食べきること。

新じゃがいもの保存方法は新聞紙で包み冷暗所で常温で保存すること。光が当たってしまうと芽が出やすくなったり皮が緑化するので注意。

新じゃがいもの保存期間は1週間から10日ほど。

瑞々しい新じゃがいもは皮が薄いのでまるごと食べれるのがいいですね。しかもそこに栄養がたっぷり詰まっているわけですから、普段食べない皮までしっかり食べることで余すことなく栄養素をガッツリ頂いちゃいましょう!

スポンサーリンク