水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

いびきをかいてしまう原因は?いびきの改善方法

   

いびき
いびきはしている本人は寝ているので気が付きませんが、一緒に寝る人はいびきがうるさくて眠れない…とストレスがたまってしまいます。

この状態が続くと人間環境が悪化してしまう恐れもあるでしょう(゚д゚ ; )

ではどうしていびきをかいてしまうのかその原因は何なんでしょうか?

またいびきを改善できる方法は何があるのでしょうか?

次からいびきの原因や改善方法について詳しくお話しますね。

スポンサーリンク

 

気道が狭くなるといびきをかいてしまう原因に

いびきの原因はいろいろありますが主な原因は、気道という空気の通り道が何らかの原因により狭くなってしまい、狭いところを空気が通ろうとして空気抵抗が大きくなってしまった結果、呼吸をした時に粘膜が振動して音が出るのがいびきです。

つまり何かしらの原因で気道が狭くなってしまうといびきをかいてしまうんですね。

いびきをかかないための改善法その1…口呼吸から鼻呼吸にする

口呼吸だといびきをかきやすいので口呼吸から鼻呼吸にするといびきを改善できるかもしれません。

普段は鼻で呼吸をしている人でも、睡眠時には口呼吸になっている可能性もあります。

また鼻が詰まり気味だと鼻呼吸では息がしにくいため、どうしても口呼吸になってしまいますよね。

鼻が詰まっていて口呼吸でないと寝れない場合は鼻腔拡張グッズを試してみることをオススメします。

改善法その2…自分に合った枕に変えてみる

布団
鼻呼吸にすれば必ずいびきをかかなくなる…という訳ではありません。

他にいびきの原因になりやすいものと言えば枕なので、あなたが普段使っている枕が自分にあった枕なのか確認してみましょう。

枕が低すぎても高すぎても呼吸がしにくくなるため口呼吸になりやすいです。

ですが自分に合った枕の高さはどのくらいなのかわかりにくいですよね。

家にいろんな高さの枕がたくさんあるならすぐに試すことができますが中々用意するのは難しいです。

そんなときはいつも使っている枕の下に厚手のタオルを敷いてみてください。

下にタオルを敷くだけで枕が高くなるのでその状態で眠ってみて、いびきがどうなっているか確認してみましょう。

いびきは寝ている間にかくので、寝ている間に録音していびきをかいているかどうかチェックするのをオススメします。

スポンサーリンク

 

改善法その3…横向きやうつ伏せで寝てみる

うつ伏せ
仰向けで寝ると気道が狭くなってしまいます。

気道が狭くなるといびきがかきやすいということは、仰向けで寝るのはいびきがかきやすい状態になってしまいますね。

普段仰向けで寝ているなら横向きもしくはうつ伏せで寝てみましょう。

うつ伏せで寝ると気道を十分確保できるのは良いのですが、腰や首に負担がかかってしまうのが難点です。

横向きは腰や首に負担がかかりませんが片方だけに偏るのはあまりよくないので、寝返りを打つ時など左右交互に横向きになるようにしましょう。

改善法その4…ダイエットをして脂肪を落とす

首回りに脂肪がたくさんついていると気道が圧迫されてしまうので狭くなり、いびきをかきやすくなってしまいます。

最近体重が増えたんだけどそれと共にいびきも悪化した…という方はまずダイエットをして首回りの脂肪を落としてみましょう。

即効でいびきを改善するのは不可能なので地道に頑張りましょう

いびき以外にも言えることですが即効で何かを改善することができる…と考えてしまうと、効果が現れ始める前に諦めてしまいがちです。

続けていれば何かしら変化が訪れるはずなので、効果がないとすぐに諦めないでがんばって続けましょうね!

スポンサーリンク