水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

夏バテの症状とは?夏バテ予防・対策まとめ

   

夏バテ
毎日暑くて何も食べる気にはならないしからだはダルイ…もしかして夏バテかも!?

今回は夏バテの主な症状や予防・対策についてお話しますね。

スポンサーリンク

 

夏バテの主な症状はどんなものがある?

夏バテは自律神経の乱れより起こされる症状のことを差します。

つまり夏バテは病気という訳ではないんですね。

夏バテの主な症状は次のものがあります。

・微熱
・頭痛
・吐き気
・めまい
・体がだるい
・食欲不振
・胃痛

また胃腸の調子が悪くなると便秘になったりかと思えば、急に下痢になったりしてつらいケースもあります。

どうして夏バテになってしまうの?

夏バテになってしまう原因は自律神経が乱れることですが、なぜ自律神経が乱れてしまったのでしょうか?

考えられる理由としては暑いからとガンガン冷房をかけすぎて、からだを冷やし過ぎてしまった可能性があります。

からだが冷えてしまうと血液の流れが悪くなってしまい、栄養が隅々まで行き渡ることができなくなるため疲れやすくなってしまうんです。

そして血液の流れが悪くなることで頭痛が起こるケースもあり、疲れやすいし頭痛もするしで最悪…という状態になることも。

また急に冷えている室内から暑い外に出ることにより、急激な温度差で自律神経のバランスが乱れて体温を調節することができなくなり、夏バテでダウンしてしまうんですね。

からだの水分が足りなくなると汗で体温が調節できなくなる

体内の熱を外に出すために汗をかくのは必要なんですが、水分が足りないと汗がかけず体があっついままになってしまうんですね。

水分不足になると頭痛や鼻水が出たり、酷い場合は下痢や嘔吐などの症状が出るケースもあるので夏場は小まめな水分補給が必要になるんです。

胃腸が弱ってしまうと夏バテへ

夏は暑いので汗をかきやすい時期ですが、汗をかきすぎると塩分やミネラル分も不足してしまうんです。

ミネラルや塩分が足りなくなると内臓の働きが鈍くなり、食欲が落ちてしまうため体力がなくなり疲れやすいからだになってしまいます。

からだの塩分が不足してしまうと胃酸が減ってしまうんですが、この状態で冷たい飲み物をカブカブ飲んでしまうと胃を壊したり下痢になることも。

そこに自律神経のバランスが崩れると胃腸が弱くなってしまい胃腸の働きが低下してしまいます。

スポンサーリンク

 

夏バテを予防・解消するにはどうしたらいい?

夏バテを予防・解消するにはしっかりと食事を取り、水分補給を小まめにして十分な睡眠をとり、冷房でからだを冷やさないこと。

汗でビタミンやミネラルなどが失われるためその分食事で補う

ホウレンソウ
汗をたくさんかくとミネラルやビタミンなどが失われてしまうので、食事でしっかりと失われてた分を補わないと体力低下→夏バテになってしまうんですね。

ビタミンBが含まれる豚肉やホウレンソウなど元気になる効果がある食べ物を積極的に食べるとグッドです。

水分補給を小まめにすることが大事

水
夏は汗をたくさんかくのでドンドン水分が失われてしまいます。

特に普段からあまり水など飲み物を飲まない人は意識して水分補給をするようにしましょう。

ですが飲み物ならなんでも良いというわけではありません。

冷たいジュースやビールなどを飲んでしまうと胃腸の働きが弱まってしまうので、水分補給をしたつもりが逆に夏バテになってしまうんですね。

小まめな水分補給として飲むものは水やお茶などにしましょう。

暑くて寝付けない→寝不足になり体力が減る→夏バテに

睡眠不足
夏はとても暑いので中々寝付けず、寝不足になってしまい体力が低下してしまうので夏バテに繋がります。

ガンガンに冷房をかけるのも悪いですが全く冷房がないのもからだに悪いですね。

ですので快適に眠ることができる温度にすることが必要になります。

冷房は25~28度にすると良いでしょう。

それから寝ている間にからだを冷やし過ぎてしまわないように、タイマーをつけて冷房をかけたり、冷房の風が直接当たらないようにしてください。

室内と外の温度差が5度以下になるようにする

冷房
ガンガンに冷えた室内から暑い外に出たり入ったりしていると、自律神経が乱れてしまい夏バテへ繋がってしまいます。

ですので出来れば外との温度差が5度以下になるように冷房の温度を設定しましょう。

仕事や学校などで冷房の温度を変えられない場合は、ひざかけや羽織るものを用意してからだを冷やさないように対策することが大切です。

また足首や手首などを温めるのも冷え対策に有効です。

具合が悪いようなら自己判断せずに病院で診察してもらおう

病院
夏バテの症状は熱中症など他の病気の症状と似ています。

ですので夏バテだろうと思って放置していたら熱中症で危険な状態だった…ということもあり得ますので、調子が悪いなぁと思ったら自分で判断せずに一度病院へ行くことをオススメします。

スポンサーリンク