水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

愛知県のひまわり畑の名所3選!見頃はいつ?

   

ひまわり
真夏の炎天下の中咲きほこるひまわりは見ているとなんだか元気が湧いてきます。

そんな元気に咲くひまわり畑を今年の夏は楽しんでみませんか?

今回は愛知県にあるひまわり畑の名所を3つご紹介しますね。

スポンサーリンク

 

日本最大級のひまわり畑が見れる風景観光農園花ひろば

ここって北海道だったっけ?と感じるくらいのどかな景色が楽しめる風景観光農園花ひろば。

遠くまで見渡せるなだらかな丘には14万本のひまわりが咲きほこっています。

風景観光農園花ひろばは日本最大級のお花畑なんですよ。

12回も見頃をむかえるひまわりたちをおよそ5がか月間楽しむことができます。

また風景観光農園花ひろばはひまわり以外にも色んなお花が楽しむことができるのも魅力のひとつ!

春はきんせんかやポピー、梅雨にはあじさい・金魚草・かすみ草、秋にはコスモスの花がたくさん咲いている風景が見れます。

風景観光農園花ひろばでは花摘みもできるので見るだけでなくお花摘みもできますよ。

あとは春夏秋冬それぞれの野菜やここで摂れたいちごジャムを売っている直売所があるので、お花を見たり摘んで楽しむほかに味覚も堪能できるのが嬉しいところ( ´∀`)

風景観光農園花ひろばのひまわりの見頃や営業時間など

風景観光農園花ひろばのひまわりの見頃は6月下旬から11月下旬ごろ。

入園料は中学生以上は650円・子どもは300円・未就学児は無料です。

風景観光農園花ひろばの営業時間は8時から17時まで。

スポンサーリンク

 

愛知牧場では自分よりも背丈が高いひまわりに囲まれるひまわり迷路で夏をめいっぱい楽しもう!

愛知牧場の6000平方メートルの敷地内には、およそ2万本のひまわりが咲きほこります。

こちらのひまわり畑は大人の背丈よりもグングン伸びたひまわりたちに360度囲まれちゃいますよ。

ひまわり畑は小高い丘にあるんですが、これがひまわり迷路になっていて自分より背丈の高いひまわりに囲まれながら出口探して歩くのが、ちょっとしたゲーム感覚でおもしろいです。

それから愛知牧場にあるどうぶつ広場には、動物たちに餌をあげることができるふれあい体験スペースがあります。

また愛知牧場で作られるオリジナルソフトクリームとジェラードは、休日にはお客さんがズラ~と並ぶくらい人気があるんですよ。

愛知牧場に行ったらひまわり迷路を堪能したら、オリジナルソフトやジェラードも食べたいところです。

お土産としてケーキやアイスクリームなども購入できるのもいいですね。

愛知牧場のひまわりの見頃や入場料はいくら?

愛知牧場のひまわりの見頃は7月下旬から8月上旬ごろ。

入場料はひとり100円(ただし2歳以下は無料)となっています。

国営木曽三川公園フラワーパーク江南ではいろんなひまわりが楽しめる!

国営木曽三川公園フラワーパーク江南のひまわり畑では、様々な種類のひまわりを楽しむことができますよ。

年によってどれくらいの種類のひまわりが見れるか違ってきますが、毎年17種類前後のひまわりが咲きほこります。

フラワーパーク江南内にはベンチや休憩スペースがあるので、お弁当を持ち込んでお昼ご飯を食べることもできます。

裏を返せば園内にレストランはないのでお昼は自分で用意する必要がありますね。

ですが園内にあるレストスペースにあるクリスタルショップでは、ハーブティーを楽しんだりドーナツやお菓子など販売しているので、おやつはその場で調達することができますよ。

国営木曽三川公園フラワーパーク江南のひまわりの見頃や入場料は?

国営木曽三川公園フラワーパーク江南のひまわりの見頃は7月下旬から8月中旬ごろ。

フラワーパーク江南への入場料は無料です。

休園日は毎月第2月曜日、ただし第2月曜日が休日の場合は直後の平日が休みになります。

あと12月31日と1月1日はお休みとなりますのでお気を付けください。

開園時間は4月1日から11月30日は9時30分から17時まで、12月1日から2月末日までは9時30分から16時30分まで、3月1日から3月31日までは9時30分から17時まで。

また7月16日から8月31日の月曜日から金曜日は9時30分から17時まで、土日祝日は9時30分から19時までとなっています。

それから無料の駐車場(およそ360台駐車できる)は8時30分に開門しますよ。

今年の夏はひまわり畑に遊びに行ってみませんか?

以上愛知県のひまわり畑でオススメスポット3選をご紹介しました。

3つとも愛知県内でひまわり畑を見に行くならオススメのスポットです。

2016年の夏は暑い中青空の下で咲きほこるひまわり畑を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク