水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

結婚式のご祝儀の相場は?ご祝儀のマナーを確認しておこう!

   

ご祝儀
友人や身内の結婚式はおめでたいですよね。

ですがここで気になるのがご祝儀をいくら包むかということ!

20代前半だと学生や働き始めたばかりでドーンと出せるお金はないことが多いですよね。

今回は結婚式のご祝儀のお金はいくら包めばいいのか、ご祝儀のマナーについてお話しますね。

スポンサーリンク

 

ご祝儀は20代なら2万円~3万円ほど

1万円
ご祝儀の目安は2万円から10万円ですが、10万円もポンと出せる人はそうそういないと思います^^;

披露宴に出席するならご祝儀は3万円が相場だと言われていますが、ご祝儀はあくまでもお祝いの気持ちなので自分の経済状況が厳しければムリに出さなくてもOKでしょう。

またお金のない20代前半なら2万円でも良いですが、上司や同僚、友人の結婚式に呼ばれたのなら3万円包んでおくと安心です。

友人のご祝儀が2万円ってどうか…と迷ったら一緒に行く友人と相談する

友達と話す
ちょっと経済事情が厳しいから2万円で…でも一般的には3万円がマナーだって聞いたし…と迷っちゃいますよね。

そんなときは同じ結婚式に行く友人に相談して決めてみてはいかがでしょうか。

相手にマナーがない人だと思われたらイヤだな…と不安になるなら、後でもやもやと後悔しないためにも高い方を選択するのが安定ですね。

2万円に決めた!…けど1万円札2枚じゃ偶数になっちゃうよね!?

驚く
ご祝儀に入れるお札が偶数だと割り切れるから縁起が良くないのでは?

それなら1万円を1枚、5千円札を2枚入れるのはどうだろう?

かつては2万円=偶数=割り切れるからダメ!でしたが現在は1万円札2枚でも大丈夫です。

現代では2の数字は二重の喜びやペアや夫婦といった解釈をするようになったので、1万円札2枚を入れてもそれほど気にされなくなったんですね。

また同じように1万円札8枚も末広がりという意味で大丈夫です。

スポンサーリンク

 

現代だと5千円札2枚は1万円札がなかったのかな?と思われる可能性も

疑問
ご祝儀に入れるお金が2万円でもそれほど気にされなくなった現代では、昔のように1万円と5千円札2枚を入れると、「1万円札がなかったから5千円札2枚入れたのかな?」と相手に勘違いされることもあります。

ですのでご祝儀で2万円出す場合は1万円札2枚にした方が良いでしょう。

逆に絶対にNGな1万円札の枚数は?

今も昔も4枚と9枚だけはNGです。

4は死を9は苦をイメージさせることからタブーと言われていますね。

でもやっぱりご祝儀が2万円じゃあ少ないかな…

だけど3万円はちょっと余裕がないし困った(´・ω・‘)

それならば5~6千円程度の品を結婚祝いとして事前に贈って、ご祝儀は2万円にするという方法もあります。

2万円じゃちょっと申し訳ない、けど3万を包むのは自分にはキツイ…という場合はこういう方法もありますよということで^^

ご祝儀に入れるお金は新札で!入れる方向にも気を付けよう

1万円
ふたりの始まりをお祝いするという意味でも、ご祝儀に入れるお札は新札を用意するのがマナーです。

もし当日までに新札が用意できなかった場合は、なるべくシワがない1万円を選んでアイロンでシワを目立たなくさせましょう。

それから中袋に入れるときは人物が印刷されている右側が上になるように入れます。

スポンサーリンク