水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

花粉症による肌荒れ対策は?肌が荒れる原因はなに?

      2016/02/04

女性
花粉が飛ぶ季節は花粉症で大変なのに肌がガサガサブツブツ・赤みも出てきて最悪…。元からあるニキビや吹き出物が悪化しちゃってどうすればいいんだろう?

なぜ花粉の時期に肌が荒れるのか?敏感肌になってしまうのか?

今回はそんな花粉症による肌荒れの対策と原因を解説していきます。

スポンサーリンク

 

花粉の時期にだけ肌が荒れる…それは花粉症皮膚炎かも

花粉症の症状と言えば鼻水がズルズル出て止まらなかったり、くしゃみや目がかゆくなるなどが代表的ですよね。

そのほかにも花粉症で肌への症状が現れる人もいるんです。花粉の時期になると肌がかさついたりかゆみがでたりと敏感肌になってはいませんか?

この花粉の時期に肌トラブルが起きる症状は花粉症皮膚炎と呼ばれています。鼻や目の症状も同時に出ることが多いですが、人によっては皮膚だけ症状がでるということも。

花粉症皮膚炎の予防法はとにかく花粉を浴びないこと

花粉症皮膚炎による肌荒れを予防するにはできるだけ花粉を浴びないこと。花粉対策でマスクしているよーという方も大勢いらっしゃると思いますが、それにサングラスをプラスして肌を保護しておきましょう。

マスクにサングラスで顔はもう花粉対策バッチリ!と思うかもしれませんが髪の毛にも花粉がつくことに注意!

動いているうちに髪の毛についた花粉が肌についてしまい、肌がカサカサしたり赤みが出たりなど肌荒れを誘発することに。

なので花粉シーズンに外出するときはマスク+サングラス+帽子がオススメ。

帽子を被るときは髪の毛くるんで入れることで、花粉が髪の毛にかからないようにします。

帰宅したらすぐにお風呂へ行って寝室に花粉がついた服を持ち込まない

家から帰ってきたらすぐにお風呂へGO!その日着た服はできるだけ室内に持ち込まないようにしましょう。

それから花粉のシーズンには布団を干すのはやめておきましょう。せっかくこれだけ気を使って花粉を体や室内に持ち込まないようにしていたのに、天気がいいからと布団を干してしまうと布団に花粉がついてしまいます。そんな花粉だらけの布団で寝てしまうと…(゚д゚ ; )

花粉症には欠かせないマスク&ティッシュだけど…

花粉症の人には絶対に必要なマスクとティッシュですが、マスクやティッシュで肌荒れを起こす場合もあります。

マスクは肌との摩擦で肌荒れに、ティッシュは頻繁に鼻をかむことで鼻の下が荒れてしまうことが。

このマスクとティッシュによる肌荒れですが、短時間で頻繁に鼻をかむ・肌との摩擦のせいでバリア機能が低下するため。バリア機能というのは肌を刺激から守ってくれる働きをしてくれます。そんな機能が低下してしまったらそりゃ荒れちゃいますよね…。

それからマスクは肌を覆うので花粉が肌につかないという点では安心なのですが…。蒸れてしまうので雑菌が増殖しやすい状況でもあります。なので吹き出物やニキビがある方が花粉症対策でマスクをつけると悪化してしまうことも。

スポンサーリンク

 

マスクで肌荒れをしてしまう場合の対処法は?

マスクをする男性
そんなこと言ったって花粉シーズンにはマスクは手放せません。

顔にピッタリと密着するマスクを使っていたなら、立体感のあるマスクへ変更しましょう。立体感のある物の方が肌に接触する面積がすくなくなるので、マスクが原因での肌トラブルを抑えることができます。

それから肌とマスクが接触する部分には保湿クリームを塗っておきましょう。潤滑油の役割をしてくれるので肌とマスクの摩擦を抑えてくれますよ。この保湿クリームは4時間ごとに塗りなおすと更に効果的です。

また室内にいる時は小まめにマスクを取り外すことで、マスクの蒸れでニキビや吹き出物が悪化するのを防ぐことができます。肌も適度に換気させるのが大事ということですね。

使い捨てマスクを使用するならまだ使えるから…と使いまわすのはやめましょう。毎日新しいマスクに取り替えて清潔に保つようにします。

肌荒れを起こさないために鼻をかむときのポイント

鼻をかむ男性
花粉症シーズンに使用するティッシュはやわらかくてシットリとしたタイプのティッシュを使用しましょう。普通のティッシュと比べてお高いですがそこは頑張ってください…。

また鼻水が出たときは擦って取るのではなくやさしく抑えるように吸い取るようにします。

花粉症による肌荒れの原因と対策まとめ

とにかく花粉を浴びないのが一番なので、外出時はマスク+サングラス+帽子で花粉をシャットアウトすること。

花粉を室内に持ち込まないように帰宅後はお風呂へ直行、着た服を寝室へ持ち込まないようにします。また花粉シーズンは布団を干すのは避けましょう。

マスクは立体感のあるマスクを着用し、使い捨てタイプならば毎日新しいものを使うこと。肌と接触する部分とその周辺には保湿クリームを塗ること。蒸れてニキビや吹き出物が悪化しないように、室内ではマスクを小まめに外して肌を換気するようにします。

ティッシュは柔らかくシットリとしたものを使うようにします。鼻水は擦ってふき取らずにやさしく抑えるようにして吸い取ること。

ただでさえ鼻水やかゆみでうんざりする花粉症。その上肌トラブルも起きたら踏んだり蹴ったりです。花粉症による肌荒れを予防するために、外出時の服装・マスクやティッシュの使い方には気を付けてくださいね!

スポンサーリンク