水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

子どもの運動会でママパパの服装は?失敗しないスタイルはコレ

      2016/07/15

運動会子どもの運動会に何を着て行ったらいいのか悩んじゃいますよね。

自分ではコレで大丈夫だろうと思った服装が、実際行ってみたら場違いな格好だった…なんて悲しいことにならないようにNGな服装も押さえておきましょう。

今回は子どもの運動会で保護者はどんな服装で行ったら浮かないか、逆にNGな服装は何かお話しますね。

スポンサーリンク

 

運動会にベストなママの服装は?

悩む女性トップス→Tシャツ(下着や胸元が見えないもの)

ボトムー→長い丈のジーンズやパンツ(ローライズは下着やおしりが見えそうになるのでオススメしない)

靴→スニーカー(ヒールがないペタンコ靴でもOK)

後は紫外線・熱中症対策のため帽子やUVカットの羽織りものがあると良いですね。

また紫外線対策と言えば日傘がありますが、運動会では人が多いため日傘をさすのは危ないのでやめておきましょう。

危ないだけでなく他の人の撮影の邪魔にもなっちゃいますからね(´・ω・‘)

運動会にベストなパパの服装は?

悩む男性トップス→Tシャツやポロシャツ

ボトムー→ジーパン

靴→スニーカー(革靴やサンダルは絶対避けましょう)

とにかく動きやすくてカジュアルならOKって感じですね^^

ただ体にあってないピッチピチな服装(お腹のぽっこり具合が目立ったり…)は避けましょう。

それからママと同じく帽子や羽織ものを持っていくのも良いと思います^^

肌寒い日は羽織って体温を調節できますし、夏でも日焼け対策になりますからね。

共通なのは…

汚れても大丈夫な服でカジュアルかつ動きやすく露出が少ない服がベスト!

運動会って親子競技や父母リレーだけでなく、子どもの写真やビデオ撮影のため立ったりしゃがんだり動くので、とにかく動きやすい服装にするのが重要です。

スポンサーリンク

 

NGな服装はコレ!

NG男女共通でNGなのがサンダル。

運動会で保護者参加リレーなどママパパも運動する場合がありますよね。

そんな中サンダルで行くのは場違いすぎです^^;

女性の場合はスカート・ヒール・露出が高い服装はNG。

またスキニーデニムなど体にピタっとフィットする服も浮いてしまうのでやめておきましょう。

ローライズのデニムや大きく胸元や肩が開いたトップスなどは、立ったりしゃがんだりしたときに見えてしまうかもしれないので不向きな服装です。

意外と盲点なのがかがんだときに胸元が見えてしまう心配があるトップスです。

心配な方は鏡の前でしゃがんだりして胸元が見えないかどうか確認しておきましょう(`・ω・´)

また男性の方もビタっと体にフィットするパンツは避けましょう。

走るだけの競技の場合は気にならないんですが、親子競技ではいろんな競技がありますよね。

例えば三輪車に乗る競技があるとピタっとしたパンツだと足が曲げられなかったり、パンツがずり落ちて下着が見えてしまったりとかっこ悪いことになってしまいます^^;

なので男女共に体にピタっとフィットする服はやめておいた方が良いと思いますよ。

NGとまでは言わないけどやめておいた方が無難な服装

ジャージを着てウォーキング・上下ジャージ

・上下スウェット

動きやすく汚れてもOKな服装といって思い浮かべるのはジャージですね。

しかし上下ジャージは逆にスポーツをやるぞ!と張り切りすぎに見えるのでやめておいた方が良いです。

上下ジャージで行くと先生に間違えられることもありますし^^;

ジャージを着るなら上だけ羽織るぐらいにしておきましょう。

赤色や黄色などカラフルなジャージなら子どもが見つけやすいので良いですね。

黒色は光を吸収してしまい暑いのでオススメできません。

それから上下スウェットですがこれはちょっとラフすぎますね^^;

スウェットを着て行くなら下だけにしておいた方がいいかも。

汚れてもOKな服で派手すぎず動きやすい服装がベスト

運動会での保護者の服装はカジュアルで動きやすく露出が少ない(派手すぎない)こと。

あとは汚れても大丈夫な服を着て行くことですね。

よっぽど奇抜だったり場違いな格好でなければ保護者の格好は誰も気にしません。

運動会の主役は子どもたちですからね( ´∀`)

女性の場合はスカートしか持っていない方もいるかもしれませんが、この機会にジーパンなど丈の長いパンツを1着買うと良いですよ。

どんな服装にしようか悩んだときは「運動会 ママ 服装」や「運動会 パパ 服装」などで検索すると、参考になる画像がいっぱい出てくるのでお勧めです^^

それではあなたが無事に運動会を乗り切れることを祈っています!

スポンサーリンク