水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

香嵐渓の紅葉2016見頃とライトアップの期間は?渋滞を回避するには

      2016/08/26

紅葉愛知県のでライトアップがある紅葉スポットと言えば香嵐渓ですね。

紅葉シーズンは毎年多くの観光客が香嵐渓へ訪れます。

今回は香嵐渓の紅葉の見頃の時期やライトアップが行われる香嵐渓もみじまつりの日程、シーズン中の渋滞を回避する方法や紅葉スポットなどをお伝えしますね。

スポンサーリンク

 

香嵐渓の紅葉の見ごろの時期について

11月香嵐渓の紅葉は例年通りなら11月中旬~12月上旬頃に見頃を迎えます。

ただ11月中旬頃から葉が色づき始まるので11月中旬よりも下旬の方がキレイに色づいた紅葉が見れるかもしれません。

紅葉の見ごろはその年の天候などにより多少前後しますので、紅葉シーズンになったらニュースなどで紅葉情報をチェック!

香嵐渓広場は無料ですが隣接している三州足助屋敷への入館は有料なのでお気を付けください。

紅葉がライトアップされる期間や時間はいつ?

ライトアップ香嵐渓もみじまつり開催中は紅葉のライトアップが楽しめますよ。

第61回香嵐渓もみじまつりは11月1日(火曜日)~30日(水曜日)まで。

開催時間は9時~21時までで夜間はライトアップが行われます。

紅葉のライトアップの時間は日没~21時まで。

香嵐渓の紅葉は12月上旬までが見頃ですがライトアップが見れるのは11月中までなのでお気を付けください。

11月は紅葉のライトアップを楽しんで12月上旬頃は昼間の紅葉を眺めるのもいいですね^^

香嵐渓もみじまつり中は香嵐渓広場で和太鼓やお茶会に猿回し、陶器展などいろんなイベントが実施されます。

様々な屋台が立ち並ぶので紅葉を見るだけでなくお祭り気分も楽しめるのが良いですね( ´∀`)

渋滞を回避する方法

シーズン中に行くなら早めに行って早めに帰ること

紅葉シーズン中の香嵐渓周辺道路はとんでもなく混み合います。

9時過ぎから交通量がだんだん増え始めて、10時になると数キロメートル単位での渋滞が発生するほど混雑します(゚д゚ ; )

やっとの思いで香嵐渓へ来たと思ったら駐車場が埋まっていて空車待ち→混雑なんてことも。

渋滞を回避するにはとにかく早めに現地について早めに帰ること!

土日祝日なら朝7時・平日でも8時には駐車場についておきたいところです。

紅葉シーズン中は土日祝日はもちろん平日でもツアーバスが多いので渋滞が発生しやすいんですよね^^;

またライトアップを見なくてもいいのなら14時には帰るようにします。

早く帰ることで大渋滞に巻き込まれずに済む可能性がグーンと高まりますよ。

ライトアップが目的の場合は逆に14時頃に駐車場に着くようにすると、だんだん駐車場が空いてくるのでねらい目です。

株式会社三州足助公社のサイトにて香嵐渓の駐車場の案内や渋滞情報が見れるので一度チェックしてみてくださいね。

香嵐渓駐車場(http://www.sansyuasuke.com/%E9%A6%99%E5%B5%90%E6%B8%93%E9%A7%90%E8%BB%8A%E5%A0%B4/

香嵐渓渋滞長情報の配信予定日は名古屋方面(R153号)は11月7日・8日・14日・15日・17日~25日・28日・29日。

稲武方面(R153号)は11月21~23日、則定方面(県道岡崎足助線)は11月21日~23日です。

スポンサーリンク

 

まだ見頃ではない11月上旬に香嵐渓へ行く

とにかく渋滞を避けたいなら11月中旬~12月上旬の見頃の時期に行くのではなく、まだあまり色づいていない時期の11月上旬頃に行くことをおすすめします。

紅葉が見頃を迎える前なので人もまばらです。

それに紅葉はまだキレイに色づいてはいませんが、11月上旬中にも香嵐渓もみじまつりは開催されるのでそちらを楽しむことができますよ。

赤く色づいた紅葉を見れない代わりにもみじの天ぷらを食べたりしてお腹から紅葉を楽しんじゃいましょう( ´∀`)

またライトアップも香嵐渓もみじまつり期間中に行われるので、もちろん11月上旬に行っても紅葉のライトアップを見ることができます。

緑色に近い紅葉がライトアップされるので、見頃を迎えた真っ赤や黄色のときとはまた違った紅葉を眺めることができますよ。

葉がまだ緑色に近くてもいい・とにかく渋滞を避けたいという方は11月上旬頃に行くのが一番おすすめです。

迂回する

一般道から名古屋や豊田の中心地から香嵐渓へ向かう車は国道153号線を真っ直ぐ進んでいくんですが、そこに有料道路を使って来た猿投グリーンロードの力石ICから合流するため、153号線の名古屋方面がどうしても渋滞してしまいます。

渋滞を避けたいなら急がば回れ思考で迂回して行きましょう。

大渋滞になる国道153号線を早い段階で抜け出して県道を利用し北から迂回して、香嵐渓の北側(もしくは東側)から駐車場に入ります。

県道11号線→県道33号線→国道153号線に合流といった感じです。

紅葉スポット

待月橋

ライトアップ香嵐渓のシンボル的な真っ赤な橋の待月橋は撮影スポットとして人気が高い場所ですね。

飯盛山側の岸には5色に変化しながら染まっていくもみじ「五色もみじ」がありますよ。

もみじのトンネル

香積寺まで続く参道は紅葉シーズン中に行くと、まるでもみじのトンネルをくぐっているみたいでワクワクします。

天気の良い日に行くともみじの葉っぱが光に透けてキレイですね( ´∀`)

混雑や渋滞を避けたいなら11月上旬に行くのもあり

香嵐渓は東海地方でもっとも有名な紅葉スポットではないでしょうか。

それだけに渋滞や混雑具合も凄いので大変ですが見に行く価値はあると思いますよ。

まだキレイに色づいていませんが11月上旬に行けば渋滞や混雑を避けることができますし♪

2016年の秋はぜひ香嵐渓で紅葉を楽しんできてくださいね( ´∀`)

スポンサーリンク