水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

御在所岳の紅葉2016の見頃や混雑状況は?ロープウェイについて

      2016/08/29

もみじ真夏日が過ぎて涼しい季節である秋はお出かけするのにピッタリな季節ですよね。

三重県にある御在所岳では山上~山麓にかけてだんだん葉が色づいてくるので、訪れる度に違う紅葉の風景が楽しめて面白いですよ。

今回は御在所岳の紅葉の見頃の時期や混雑・渋滞情報、ロープウェイから見える紅葉情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

御在所岳の紅葉の見頃の時期について

もみじ御在所岳の山々は標高があるのですべて同じ時期に紅葉するわけではありません。

例年通りなら山上は10月中旬~下旬頃・中腹は10月下旬~11月中旬頃・山麓は11月中旬~下旬頃に見頃を迎えます。

山上エリアから中腹・山麗と徐々に紅葉していきます。

御在所岳で見れる木々の種類はマンサク・モミジ・カエデなど。

混雑・渋滞状況は?

車紅葉シーズンなど大勢の観光客が訪れる時期は四日市IC~湯の山温泉~ロープウェイまで渋滞が発生しがちです。

道幅も狭いのとシーズン中は人が多くなるため混雑してしまうんでしょうね。

酷い時は駐車場が空いた分しか進まないことがあるので渋滞に巻き込まれたら大変です(゚д゚ ; )

比較的混雑を避けることができるルートは四日市ICから国道306号を通るルートです。

また気を付けたいのが駐車場についてです。

渋滞を避けることができても駐車場に車を停められないのでは困ってしまいますよね。

車で行く場合は8時には現地についておきたいところです。

それから紅葉シーズン中はロープウェイに乗るまで並んで待つことになるかもしれません。

待ち時間も考えるとやはり時間に余裕を持って早めに到着しておきたいですね。

スポンサーリンク

 

ロープウェイから見える紅葉

ロープウェイ御在所ロープウェイとは湯の山温泉~御在所岳山頂を結ぶロープウェイのことです。

ロープウェイの長さはおよそ2.1kmあるんですよ。

ちなみに御在所岳山頂の標高は1212mです。

地上から見る紅葉も綺麗ですがロープウェイに乗って空中から見る紅葉も素敵ですよ。

御在所岳では色とりどりの紅葉をロープウェイから一望することができちゃいます。

ロープウェイで登っていくときに木々の色の移り変わりがよく見えて感動しますよ。

登山道を行くのもゆっくりと景色が楽しめるので良いですが、ロープウェイだと段々色が変わっていく風景が見えるので良いですね^^

御在所岳ロープウェイの乗車運賃は大人(中学生以上)は往復で2160円・片道で1240円、小人(4歳以上小学生以下)は往復で1080円・片道で620円。

営業時間は4月1日~11月30日までは開始時刻は9時、上り線終了は17時・下り線終了は17時20分です。

上り線は湯の山温泉駅~山上公園駅・下り線は山上公園駅~湯の山温泉駅となっています。

アクセス方法

バス公共交通機関を利用するなら近鉄湯の山温泉駅から三交湯の山温泉駅までバスに乗り10分、そこから御在所ロープウエイまで歩いて5分ほど。

車なら東名阪自動車道四日市ICから湯の山方面へおよそ12km。

服装について

御在所岳の山頂はとても寒いので防寒対策をしっかりとしましょう。

寒くて紅葉を楽しむどころではなくすぐに帰って来てしまった…となるのは悲しいです(´・ω・`)

軽量&コンパクトに持ち運べるウィンドブレーカーがあると便利ですよ。

御在所ロープウエイの公式サイトで「気温と服装について」が詳しく書かれているのでこちらを参考にするのも良いと思います。

気温と服装について(http://www.gozaisho.co.jp/question/thrmo.htm

春は新緑・夏は涼める・秋は紅葉・冬は雪景色と四季折々の楽しみ方ができる

御在所岳は三重県内で唯一スキー場があるスポットなので、1年中たくさんの観光客で賑わっている場所です。

中でも人気が高い季節は夏~秋になります。

夏では御在所岳は平地よりもおよそ10度気温が低いので涼むには最適ですよ( ´∀`)

ロープウェイに乗って絶景を眺めながら涼んじゃいましょう♪

秋は見事な紅葉が見れるのでオススメの季節です。

山一面が燃えるように赤い風景は思わず写真に撮りたくなっちゃいますよ。

気になった方はぜひ御在所岳へ足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク