水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

秋川渓谷の紅葉2016の見頃とアクセス方法は?瀬音の湯について

      2016/08/31

もみじ秋川渓谷は都心から1時間ほどで行ける紅葉スポットです。

紅葉の他にも日帰り温泉や夏には川遊びにキャンプなどレジャーを思いっきり楽しめる場所でもありますね。

今回は秋川渓谷の紅葉の見頃やアクセス方法、露店風呂や日帰りで温泉が楽しめる瀬音の湯についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

秋川渓谷の紅葉の見頃の時期は?

紅葉秋川渓谷の紅葉の見ごろは例年通りなら11月中旬~下旬頃です。

秋川渓谷ではだいたい11月上旬頃に葉が色づき始めますよ。

全長20kmほどある両岸が見頃の時期は黄色や赤に色づいてとっても綺麗です。

ただ葉の色づき具合は気温などに影響されるのでその年により多少見頃の時期が前後することもあります。

おすすめスポット

秋川渓谷の見どころスポットはいくつかありますよ。

写真撮影するなら石舟橋周辺はいかがでしょうか。

石舟橋は秋川渓谷の中でも人気があるスポットです。

東京とは思えないような大自然の中に紅葉と吊り橋がかかっており絵になりますよ。

ただ石舟橋は水面から橋まで距離があるので高いところが苦手な方はお気を付けください。

96mもの長さがある石舟橋から眺める景色は絶景ですよ。

他には佳月橋や西青木平橋も綺麗に紅葉が見えますよ。

佳月橋は中間あたりにある橋です。

上流側に行くと白山を見ることもできますよ。

川の両脇は紅葉に囲まれているので紅葉を見に行きたいならピッタリのスポットだと思います。

西青木平橋は1番奥にある橋で、橋の上から紅葉を眺めることもできますし、橋の下の下流側にある階段から渓谷へ降りて撮影しても良いですね。

アクセス方法

バス公共交通機関ならJR武蔵五日市駅からバスに乗り15分ほど、「十里木」下車して歩いてすぐです。

車なら中央道八王子ICからおよそ50分、もしくは圏央道あきる野ICから30分ほど。

スポンサーリンク

 

駐車場

車十里木ランドはおよそ200台収容することができる駐車場があります。

駐車料金は普通車1000円・バイク500円。

また十里木ランド近くには無料で利用できる駐車場・十里木駐車場がありますよ。

混雑状況について

秋川渓谷は紅葉シーズンになると人がたくさん訪れます。

車で行くと駐車場の確保が大変なので混雑を避けたいならバスで行くか、駅から歩いて行くといいと思います。

マイカーで行くと大変なのが空いている駐車場を見つけることですが、そこに行くまでに大渋滞が発生して身動きが取れない…ということはあまりないのでご安心ください。

瀬音の湯で温泉を楽しもう

瀬音の湯は石舟橋を渡った先にあり、温泉の他に宿泊・食事・直売所などがありますよ。

無料で利用できる足湯があるので歩き回って疲れた足をリフレッシュしちゃいましょう。

有料になりますが瀬音の湯では日帰り入浴が楽しめます。

瀬音の湯の入浴料は3時間で大人900円・小学生450円です(未就学児は無料)。

シャワースペースは数が多くボディソープやシャンプーが備え付けられていますよ。

内湯は源泉かけ流しの温泉となっています。

窓から森林を眺めながらゆっくりと温泉でからだを癒すことができますね。

露店風呂は循環ろ過式の温泉となっています。

やっぱり露天風呂は解放感があって入ると気持ちが良いですね^^

瀬音の湯の場所は東京都あきる野市乙津565。

営業時間は瀬音の湯は10時~22時(受付21時まで)。

紅葉を楽しんだあとは温泉で体を癒そう

秋川渓谷で紅葉を楽しんだ後は瀬音の湯で温泉や食事を楽しめるので、心も体もリフレッシュできる良いスポットだと思います^^

今年の秋は秋川渓谷を散策しながらまったりと山の紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク