水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

足利フラワーパークのイルミネーション2016の期間や混雑は?割引券はある?

      2016/09/16

イルミネーション足利フラワーパークのイルミネーションは「関東三大イルミネーション」に入っているので有名なイルミネーションスポットです。

それから足利フラワーパークのイルミネーションは日本の夜景のトップに選ばれたこともあるんですよ。

今回はそんな足利フラワーパークのイルミネーション2016の期間や点灯時間、料金や割引券はあるのかなどの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

足利フラワーパークのイルミネーション「光の花の庭」の開催期間や点灯時間について

イルミネーション足利フラワーパークの「光の花の庭」は園全体をイルミネーションで彩ります。

イルミネーションが始まる時期は花の種類が少なくなる冬ですね。

毎年10月末~2月上旬頃に光の花の庭が開催されます。

光の花の庭は2016年10月22日(土曜日)~2017年2月5日(日曜日)に開催される見込みです。

イルミネーションの点灯時間は16時30分~21時(土日祝日は21時30分まで)。

光の花の庭の開園時間は15時30分~21時(土日祝日は21時30分まで)です。

また光の花の庭期間中でも12月31日は休園日となるのでお気を付けくださいね。

混雑状況

足利フラワーパークでイルミネーションが開催されている時期は、だいたいどのくらいの時間帯が混雑するのか気になりますよね。

だいたい18時を過ぎたころから人が増えてきて19時~20時頃が混雑のピークを迎えるようです。

イルミネーション期間中で12月がもっとも人が多く特にクリスマス前後は大混雑します。

また光の花の庭が始まってすぐの10月も混雑するので、出来るだけ混雑を避けたい場合は11月と1月の平日がねらい目ですね。

気を付けたいのが園内の人の混雑より駐車場が空いているかどうかです。

足利フラワーパークには駐車場がありますがそれよりも訪れる人の数の方が多いため、駐車場が満車だった場合空くまで待つことになったり空きの駐車場を探さないといけません。

車で行かれる方は開場時間すぐに入れるように早めに現地入りしておきたいところです。

明るいうちには足利フラワーパークについておかないと渋滞に巻き込まれる可能性があります。

足利フラワーパークの入場料は季節により異なるので気を付けよう

チケット売り場足利フラワーパークの入場料は時期によって入園料が変わりますのでご注意ください。

光の花の庭の入場料は大人(中学生以上)800円・子ども(4歳~小学生)400円です。

2016年07月01日~02月28日の入場料(開園~15時30分まで)は大人300円~400円・子ども100円~400円。

スポンサーリンク

 

お得な割引券情報

クーポン券足利フラワーパークにはいろんな割引券やクーポン券があることをご存じでしょうか?

少しでも安く入園できるなら割引券やクーポン券があると嬉しいですよね( ´∀`)

メール会員に登録することで期間限定の入園割引券をゲット

一つは足利フラワーパークのメール会員になることにより手に入るクーポンです。

メール会員に登録するだけで期間限定の入園割引券(会員一人に付き1枚)を手に入れることができますよ。

割引券はその時期によってどれくらい割り引かれるかは違いますが、最低でも1名につき100円引きされるのでメール会員になって損はないです^^

ただ期間が短いので行きたいときに期限切れになっている可能性があるのが悲しいですが(´・ω・`)

入園料割引以外にも花売場割引やソフトクリーム割引などがあるのでオススメですよ。

足利フラワーパークのメール会員について(https://www.ashikaga.co.jp/member/form/mail.html

コンビニで前売り券を買うとちょっぴり安く買える上にスムーズに入園できる

サークルKやセブンイレブンなどのコンビニで前売り券を買うと、1枚に付き50円引きで入園チケットを買うことが出来ますよ。

50円引きか…ちょっと少ないなと思うかもしれませんが、事前に入園チケットを購入しておくことで当日チケット売り場で混雑することなく、スムーズに足利フラワーパークに入園することができるのがメリットです。

JAF会員証を見せると入園料が安く買える

足利フラワーパークのチケット売り場にてJAF会員証を見せると最大3名分まで100円割引になりますよ。

JAFの会員証はデジタル会員証でもOKとのこと。

アクセス方法

車電車ならJR両毛線 富田駅から歩いて13分ほどで到着。

車の場合は東北道佐野藤岡ICもしくは北関東道太田桐生ICからおよそ15km。

足利フラワーパークには無料の駐車場があり300台収容可能です。

花や自然など季節を感じるイルミネーションを楽しめる足利フラワーパーク

足利フラワーパークでは自然や鼻など季節感に特化したイルミネーションが楽しめるのが魅力です。

シンボルツリーである日本一の大藤におよそ180万球のLED電球を使用し、イルミネーションで満開の藤の花を再現します。

イルミネーションを楽しみたい方はぜひ足利フラワーパークへ足を運んでみてくださいね。

スポンサーリンク