水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

京都るり渓のイルミネーション2016の期間と時間は?混雑状況について

      2016/09/29

イルミネーション関西最大級のイルミネーションイベントと言われているのが、京都南丹市園部町のるり渓温泉で開催されている「京都イルミエール」です。

京都のるり渓温泉イルミネーションイベントは年々パワーアップしているので、口コミでも人気が高いイルミネーションスポットなんですよね。

今回は京都るり渓のイルミネーション2016-2017の開催期間やライトアップの時間、どれくらい混雑するのかなどの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

京都るり渓のイルミネーション2016-2017の開催期間と点灯時間について

イルミネーション京都イルミエールは2016年10月29日(土曜日)~2017年4月9日(日曜日)に開催される予定です。

イルミネーションの点灯時間は日没(16時30分)~21時30分(最終受付は21時まで)。

開催時間は時期により日没が異なるため変動する場合があるのでお気を付けください。

12月31日にはカウントダウン花火が行われるため盛り上がりますよ。

他にも2月14日のバレンタインや3月14日のホワイトデーなどのイベントに合わせて花火が上がります。

花火の打ち上げ場所はメインツリーのある広場南側ですよ。

料金

京都るり渓のイルミネーションを見るにはチケットを買わないといけません。

当日券は大人1000円・子ども(4歳~小学生以下)500円・3歳以下は無料となります。

前売り券の場合は少し安くなり大人950円・子ども480円です。

スポンサーリンク

 

混雑状況

イルミネーション京都イルミエールでもクリスマスシーズンや年末年始は混雑します。

イルミネーションを見るにはチケットを買わないといけませんが、点灯開始のちょっと前からチケット売り場では長蛇の列ができます。

寒い中チケットを買うために並ばないといけないので結構きついです。

前売り券は当日券より安いですし当日長蛇の列に並んで買わずに済むので、できればセブンチケットで前売り券を買っておきたいですね。

3Dプロジェクションマッピングなど人気があるイルミネーションは点灯時間前から徐々に混雑します。

早めに行って見やすい正面のポジションをとっておきたいですね。

小高い丘にある誓いの展望台なら会場全体をほぼ見渡せるので、イルミネーションを全体的に見たいならおすすめです。

それから帰りの渋滞にも気を付けましょう。

京都イルミエールを最後まで見ていると車の場合必ず渋滞に巻き込まれると覚悟しましょう。

最後まで京都イルミエールを見てから帰ろうとすると1~2時間ほど道路が渋滞すると思います。

車で京都イルミエールへ行く場合は早めに切り上げて帰ることをおすすめします。

もし車で行く場合は冬季は道路が滑りやすいため、スタッドレスタイヤやチェーンを装着すると良いですよ。

口コミで1万人来場したイルミネーションイベント

京都るり渓のイルミネーション「京都イルミエール」は2012年から始まりました。

最近行われたイベントなので歴史は浅いですが2014年では口コミだけで1万人が来場したんですよ。

それくらい魅力があるイルミネーションスポットなんですね。

今年の冬はるり渓温泉のイルミネーションイベント「京都イルミエール」へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク