水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

深大寺だるま市2017だるまの価格や目入れはしてもらえる?日程は?

      2016/10/20

ダルマ深大寺で行われるだるま市は「日本三大だるま市」のひとつですね。

だるまは今ではあまり手にする機会がないかもしれませんが、だるまは願掛けアイテムとして有名な物です。

この機会に深大寺だるま市で自分そっくりのだるまを探してみるのも楽しそうですね。

今回は深大寺だるま市の目入れや価格はいくらか、深大寺だるま市の開催日などの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

深大寺だるま市2017年の開催日や時間は?

3月深大寺だるま市は毎年3月3日~4日の2日間に渡って開催されます。

今年は2017年3月3日(金曜日)~3月4日(土曜日)ですね。

開催時間は両日とも9時~19時です。

だるまの目入れはしてもらえるの?

ダルマ深大寺だるま市で購入しただるまは、ご僧侶からだるまの左目に梵字(ぼんじ)の阿(あ)を書き入れてもらえますよ。

この「あ」は「阿吽の呼吸」の「阿」の字で物事の始まりを示すものです。

1年後願いが叶ったときは右目に「吽」の字を入れて感謝の気持ちを込めて奉納します。

「吽」は物事の終わりを示すものです。

「阿吽の呼吸」という言葉の語源はここから来ていたんですね。

だるま開眼の受付時間は9時~17時です。

大師堂前仮設開眼所で行われます。

だるま開眼はお祭りの時間より2時間ほど早く終わってしまうのでお気を付けくださいね。

スポンサーリンク

 

だるまの価格は?

疑問を浮かべるヒヨコ深大寺だるま市でだるまを扱っている露店はおよそ300店もあります。

いろんな種類のだるまがあるので見て回るだけでも楽しいですよ。

丸みを帯びて鼻筋が通っている武州だるま、穏やかな表情でずんぐりとした体形の東京だるまなどがあります。

他にも招き猫とコラボしていたり干支とコラボしただるまなど可愛らしいものもありますよ。

深大寺だるま市で販売されているだるまは小さなものから大きなものまであります。

だるまの価格は1000円とお手頃価格なものから、1万円以上もするものもありますよ。

最近の売れ筋は1000円~3000円の中小サイズのだるまだそうです。

大きさが同じだるまでも表情が違うので、いろんなお店を回りながら自分の表情に似ただるまを探してみてはいかがでしょうか?

深大寺だるま市でだるまを購入する場合は小さめのものが良いですよ。

次回購入する際に一回り大きなだるまを買うと縁起が良いと言われているからです。

だるまを購入する時は値切るもの?

ダルマ深大寺だるま市でだるまを購入する時は値切って買うのも手ですよ。

値切れば値切るほどだるまのご利益が上がるんです。

だるまを販売するお店側も値切られること前提に価格を設定しているのでご安心ください。

値切り交渉が苦手な場合は無理に値切りをしなくても少しでも安いお店を発見して買えばよいと思います。

交渉が出来そうなら値切りをした方が安く買えますし縁起も良いのでおすすめです( ´∀`)

自分とそっくりな顔をしただるまを買うことが出来たらその1年は幸せになれるんだとか

深大寺だるま市では自分そっくりな顔つきのだるまをゲットできれば、その1年は幸せになれるというジンクスがあるんですよ。

厳しい寒さが終わり温かくなってきた頃に深大寺のだるま市へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

自分そっくりのだるまを探してみましょう( ´∀`)

スポンサーリンク