水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

自転車で通学・通勤するなら登山用レインコートがオススメ

      2016/02/04

雨雲
学校や会社まで自転車で通学・通勤していると雨が降った日は憂鬱ですよね。

傘を差して自転車を運転することはできませんのでカッパを着用することになるんですが、普通のビニールカッパは蒸れるし臭いがくさいしで最悪です(´Д`)

着用するカッパが指定されていないなら自転車通学・通勤の際は登山用のレインコートを着用することをオススメします。

どうして普通のカッパではなく登山用のレインコートがオススメなのかは次からひとつずつお話していきますね。

スポンサーリンク

 

普通のレインコートよりも登山用レインコートの方が高性能だから

登山用レインコートは山に登るときの厳しい自然環境からからだを守るためにと考えられて作られているので、普通のビニールカッパよりも体が濡れにくくそして蒸れないように工夫されています。

透湿性・防水性に優れた登山用レインコートならば、雨をしっかりと弾いてくれて汗で蒸れにくいので雨の中でも安心して自転車で走れます。登山用コートなら着心地もサラリとしているので着るのもイヤになりません。

防水性と透湿性に優れた登山用のコートはゴアテックス

登山用の中でも最も防水性と透湿性が優秀なのはゴアテックスのレインウェアです。

ただ機能が優れているためにお値段もドーンとお高いです^^;上下セットで4万円ほどしますのでお財布に余裕がないとキツイですね…。

ゴアテックスのレインウェアは山で遭難した時にこれがあったから命拾いしたという人もいるくらい、優秀なレインウェアなのですがその分価格が高いのがデメリットですね。

LOGOSのレインウェアは4,5千円ほどで買えるので安いものがよいという方はこちらがオススメです。リーズナブルな価格ですが防水性も透湿性もあるので、普通のビニールのカッパを着るより蒸れにくいので着やすいです。もちろん防水性もあるので雨もバッチリ弾いてくれますよ。

スポンサーリンク

 

子どもの場合は成長することを考えて大きめのサイズで

水と子ども
登山服の上から着ることを想定しているので登山用のレインウェアは基本大きめに作られています。

ですが小学生や中学生などのお子さんの場合は体が大きくなることを考えるとすこし大きめのサイズを買ったほうがよいかもしれませんね。

登山には向かないが自転車通学・通勤時ならレインポンチョも楽ちん

上から被るポンチョ型のレインウェアは風にあおられやすいので登山時には向きません。雨風をしっかりと防ぎたいなら上下に分かれたタイプのものが一番ですね。

ですが自転車に乗るときなら上からサッと被れるレインポンチョは便利ですよ。学校や会社についたときレインウェアをサッと脱げるので楽です。

蒸れにくい・水をしっかり弾くと高性能な登山用レインウェア

雨の日は視界が悪くなりますし地面も雨で濡れて滑りやすくなっています。

なので自転車の運転や周りに車や歩行者がいないか集中して見れるように雨具は機能がよいものを着用したいですね。

登山用レインウェアは透湿性・防水性に優れているので雨をしっかりと弾き、また汗をかいても水蒸気を外に逃がすことができるので汗だくにもなりません。着用してビニールのにおいが気になることもないのもいいですね。

登山用レインウェアは高性能なので安いものても4.5千円しますが(高いと4万~)、その分機能もバッチリなので雨の日も自転車に乗る必要がある方は登山用のレインウェア(レインコート)がオススメです。

スポンサーリンク