水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

いちごを美味しく&長く保存できる方法とは?

      2016/02/04

いちご
いちごが旬な時期は安くておいしいものが手に入りやすいのでスーパーでつい沢山買ってしまいがち。

ですがいちごはとても傷みやすいので買い溜めすると、冷蔵庫に入れていてもすぐに腐ったりカビが生えてしまいます。

非情に痛みやすいいちごはどのようにしたら出来る限り長く&おいしい状態で保存できるのでしょうか。

今回はいちごの保存するコツについてお話していきますね。

スポンサーリンク

 

いちごは必ず冷蔵保存すること!常温はすぐダメになるのでNGですよー!

NGです
いちごはとても傷みやすいので常温で保存するのは不向きです。いちごは必ず冷蔵保存するようにしましょうね。

いちごを冷蔵して保存した場合は4日から5日までに食べきること。

1週間程度は食べれるのですが4,5日で食べきらないといちごのうま味が落ちてしまいます。

いちごを冷凍して保存した場合は1カ月から2か月ほど持ちます。長く保存したいなら生ではなくジャムなどにして加工するか、いちごを冷凍保存するかしかないですね。

いちごをできるだけ長く&おいしく冷蔵保存するコツ

冷蔵庫で保存する場合はパックのままいちごを冷蔵庫に入れると、重なっている部分から傷みはじめてしまうのでパックから出して保存しましょう。

容器や浅めのタッパーなどにキッチンペーパーを敷いて、いちご同士が重ならないようにヘタを下にして並べます。並べ終えたらラップをして冷蔵庫に入れて保存しましょう。

また冷蔵保存するいちごは洗わず食べる前に洗うようにします。水分がついた状態でいちごを保存してしまうとそこから傷んだりカビたりしてしまうからです。

それからヘタを取らないで保存するのは、ヘタを先にとるとそこから傷み始めるからです。

いちごを冷蔵保存するときは先に水洗いやヘタを取らずにそのまま保存しましょうね。

スポンサーリンク

 

長く保存したいなら傷む前にいちごを冷凍保存しよう

いちごは冷凍保存もできますがとても傷みやすい食べ物なので、早めに冷凍保存しないとやろうと思ったころにはカビてた…なんてこともありますのでお気を付けください。

冷凍保存する場合はいちごを水洗いして水分を拭き取ってからヘタを取ります。いちごをフリーザーバッグに入れて空気を軽く抜いてから冷凍庫で保存しましょう。

ただ冷凍保存したいちごは解凍しても生いちごの食感には戻りません。なので半解凍にしてシャーベット感覚で楽しむとよいでしょう。もしくは解凍していちごジャムにするのも手です。

いちごを長く楽しみたい&おいしく保存するコツまとめ

いちご
冷蔵保存する場合は買ってきたパックから出して容器にいちごが重ならないようにヘタを下にして並べて保存すること。

また冷蔵保存するいちごは水洗いをしたりヘタを取るのはNG。いちごが傷むのを早めてしまうので食べる時に洗ってヘタを取りましょうね。

冷凍保存する場合はいちごを水洗いしてから水分を拭き取りヘタを取る。フリーザーバッグに入れ軽く空気を抜いてから冷凍庫へ入れて保存すること。

冷蔵でいちごを保存できる期間は4~5日ほど(1週間は持つが4~5日を過ぎると味が落ちるため)。

冷凍でいちごを保存できる期間は1~2か月ほど。

いちごを冷蔵保存するか冷凍保存するかで、先に洗ってヘタを取るかどうか違ってきますので要注意です。

ちょっとした手を入れることで冷蔵保存でも数日いちごを保存できるようになるんです。

これからいちごをたくさん買って食べるという方は、冷蔵保存でもいちごを出来るだけ長くそしておいしくいただけるように、ひと手間加えていちごを保存してみてくださいね。

スポンサーリンク