水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

浜松祭り2016の開催日は?交通規制や駐車場はある?

      2016/04/24

御殿屋台
静岡県浜松市で行われる浜松祭りは毎年ゴールデンウィーク中に開催されます。

浜松祭りには100万人以上の人が訪れる人気があるお祭りなんですよ。

今回は浜松祭り2016年の日程や交通規制・駐車場についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

 

浜松祭り2016年の開催期間や行われるイベントについて

5月
浜松祭りの開催日は2016年5月3日の火曜日~5月5日の木曜日まで

開催場所は中田島会場と市内中心部各所(市中心部会場)の2つ。

中田島会場で行われるイベント

中田島会場は凧揚げ会場・風紋広場・浜松まつり会館の3つあります。

凧揚げ会場では10時~15時まで凧揚げ合戦。

風紋広場では土産品協会物産展が10時~17時まで、浜松まつり展示や郷土芸能・やら舞歌が行われます。

浜松まつり会館では大凧フォトスポット&フォトコンテストが9時~16時30分まで、ミニ凧作り体験や出世太鼓体験が開催されます。

市内中心部会場で行われるイベント

市内中心部会場では浜松まつり展示が10時~17時30分まで、ミニコンサート・大道芸が13時~17時まで。

そして夜には市内中心部各所で御殿屋台引き回し(18時30分~21時まで)のイベントがあります。

浜松祭りでは交通規制はあるの?

禁止マーク
浜松祭りでは昼の凧揚げ合戦(9時~16時)と夜の御殿屋台引き回しやパレード(17時~21時)が行われるため交通規制が行われます。

交通規制があるのは国道1号線以南の中田島会場周辺と市内中心部会場周辺です。

交通規制区域内の駐車場に停めてしまうと交通規制が終わるまで帰ることができなくなってしまうので気を付けましょう。

浜松祭りの交通案内や交通規制の詳細が公式サイトで紹介されているのでそちらも参考にしてみてくださいね。

2016年浜松まつりの交通規制のご案内→http://hamamatsu-daisuki.net/matsuri/news/2016/04/2016.html

浜松祭りでは駐車場はあるの?

車中田島会場では一般駐車場がないため臨時駐車場を利用することになります。

凧揚げ合戦を見に行くために車を停める方は、飯田公園の臨時駐車場がオススメですよ。

駐車料金は無料で8時~16時まで利用できます。

およそ1.200台収容可能な駐車場です。

またこの臨時駐車場から中田島会場へ有料ですがシャトルバスが運行しています。

飯田公園の臨時駐車場からだけでなく浜松駅からもシャトルバスは出ていますよ。

シャトルバスの運行時間は9時が始発で14時が終発。

料金は大人→260円・小学生以下は130円になります。

御殿屋台引き回しを見に行くために車を停める方は浜松駅周辺の駐車場ではなく、浜松駅からちょっと離れた天竜川駅や舞阪駅などの周辺にある駐車場を利用することをオススメします。

そこから電車で浜松駅に向かえば行きも帰りも車の渋滞に巻き込まれて全然進まない…!ということにならずスムーズに会場まで到着することができますよ。

スポンサーリンク

 

ゴールデンウィークに開催されるため混雑&渋滞がすごい

渋滞
浜松祭り期間中は毎年とても混雑します。

車で浜松祭りに訪れる方が多いんですが、GWなのと交通規制があるのが重なって渋滞がすごい(゚д゚ ; )

浜松ICや浜松西ICを降りて浜松祭りの会場へ近づくにつれ渋滞がひどくなっていきます。

浜松祭りの見どころはなに?

御殿屋台
浜松祭りは昼は凧揚げ合戦・夜は御殿屋台引き回しが見どころです。

子どもの日にちなんで凧揚げが行われる浜松祭りですが、この凧揚げ合戦は普通の凧揚げとはちょっと違うんです。

それは…タコとタコを戦わせる糸切り合戦が行われること!

浜松祭りではなんと170以上の数の凧があげられます。

大きいものでは10帖もある凧もあって迫力満載ですよー!

そして糸を切られてしまった凧が落ちる姿を見ると心がちょっと痛みますね(´・ω・`)

夜に行われる御殿屋台引き回しは昼間の雰囲気と違った感じで楽しめますよ。

美しく装飾された御殿屋台引き回しが浜松市内を練り歩きます。

幻想的な雰囲気ですが神輿を引く人たちの威勢がとても良いのでその姿に圧倒されちゃいますよ。

GWの予定がまだ決まってないなら浜松まつりへ!

以上2016年浜松まつりの開催日や交通規制・駐車場についてお伝えしました。

今年のゴールデンウィークの予定がまだ決まっていない方は浜松祭りへ遊びに行ってみてはいかがでしょうか( ´∀`)

スポンサーリンク