水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

青あざができる原因は?青あざを早く治す方法も紹介

   

足元
ぬわー気づいたら足に青あざができてるではありませんか!

制服はスカートだから隠せないし明日からちょっと恥ずかしいなぁ…。

青あざって気づいたら出来てることもあるので不思議ですよね。

なぜ青あざができるのか、そして出来るだけ早く治す方法はないのか…。

青あざができる原因や青あざができたときの対処法などを次から詳しくお話します。

スポンサーリンク

 

青あざは女性にできやすいのはなぜ?

女性
青あざはちょっとぶつけただけでもできるので不思議ですよね。

そんな青あざは女性にできやすいと言われますがなぜでしょうか。

女性には筋肉量が少ないから青あざができやすいんですね。

ですが筋肉量は人によって違うので女性でも全くできない人もいれば男性でもできやすい人がいます。

また体力がなかったりむくみやすい人も青あざができやすいそうです。

ぶつけてもないのに青あざができる原因は?

青あざができるのはどこかにぶつけて毛細血管が敗れたことにより、内出血が発生して血がたまりできるものです。

ですがどこかにぶつけたわけでもないのに青あざができることもあります。

ビタミンが不足していると青あざができやすくなる

ピーマン
何もしてない・どこにもぶつけていないのに青あざができたならビタミン不足が原因かもしれません。

ビタミンが不足してしまうと青あざができやすくなってしまいます。

緑黄色野菜・納豆やかんきつ類・大豆などを食べてビタミンを積極的に摂るようにするといいと思います。

ちなみにビタミンKが不足すると軽くぶつけただけでも青あざができやすくなり、ビタミンPが不足すると血管がもろくなるため青あざができやすくなります。

ホルモンバランスが乱れて血管がもろくなってるかも

偏った食事
ホルモンバランスが乱れてしまうと血管がもろくなるので、ちょっとした刺激で毛細血管が切れて青あざに…。

偏った食事や睡眠不足やストレスなどでホルモンバランスは簡単に乱れてしまうので困りもの。

毎日食べている食事が偏っていないか、睡眠をしっかりとっているか、適度にストレス解消を出来ているか日々の生活を見直してみましょう。

からだが冷えても青あざができやすくなるだと…

からだが冷えてしまっても血管がもろくなるため、ちょっとした摩擦などでも毛細血管が切れて青あざができてしまいます。

ちょっとかいたり物を置いたりしただけで青あざができるなんてことも(゚д゚ ; )

スポンサーリンク

 

青あざができたときどのように対処すれば早く青あざを治せる?

服を着たら隠れる場所にできるならそのまま自然に治るのを待てるんですが、目立つところや隠せない箇所にできてしまうと、青あざを人に見られるのが恥ずかしかったり心配されたするので早く治したいですよね。

それでは次から青あざができたときの対処法についてお話します。

しっかりと正しい方法で対処することで青あざを早く治すことができますよ。

青あざができたらすぐに冷やすのが重要

1日でも早く青あざを治したいならできたらすぐに冷やすのが重要です。

青あざができてから1~2日以内に冷やすことで、青あざが広がってしまうのを抑えることができます。

まずタオルを氷水などで濡らして水が垂れない程度にタオルを絞ってください。

タオルが絞れたら青あざができた箇所に10分ほど当て続けます。途中でタオルがぬるくなったらその都度冷やして当てなおしてください。

またタオルを当てていて痛いと感じたら無理に冷やさないでくださいね。

腫れが引いたら青あざをあたためる

青あざができてから72時間以上経っていて腫れや痛みが引いている状態なら青あざを温めましょう。

炎症が治まったころに温めて血液の流れを浴すれば、傷ついた細胞を早く回復できますよ。

37度から38度くらいのお湯にタオルを濡らしてしっかりと絞ったら、青あざができた箇所にタオルを20分ほど当てます。こちらも冷やすときと同様に温くなったらその都度温めなおしてくださいね。

青あざを温めるときに注意したいのが温度。

温度が高すぎると逆に皮膚に負担をかけてしまうので治るのが遅くなってしまいます。

体温よりほんのり温かい温度を目安に青あざができた箇所を温めてくださいね。

青あざを早く治したいなら冷やす→温める方法に切り替えるタイミングを見極めるのが重要になります。

痛みや腫れがなく青あざができてから24時間以上は経過していることを確認してから、青あざを温める方法を試しはじめましょうね。

冷やして温めたらつまようじでちょっと刺激しよう

爪楊枝
早く青あざを治したいなら冷やして温めるだけでなく、爪楊枝を使った方法もやってみてください。

まず爪楊枝20~30本を輪ゴムで束ねて青あざが出来た周辺の皮膚を痛くない程度にかる~く叩いてください。

ちょっぴり皮膚が赤くなる程度に爪楊枝の先で叩いてくださいね。

爪楊枝で軽く叩くことにより血流を良くし、こもっていた熱を逃がすことができます。

ただ爪楊枝の先で叩くことになるので強く叩きすぎてしまうのはNG。

痛みを感じない程度に爪楊枝の先でやさしく叩いてくださいね。

いつの間にかできている青あざも適切な対処を行えば早めに治すことができる

青あざっていつの間にかできていることも少なくないですよね。

そういえばあの時思いっきり足をぶつけたからあのときか…と思い当たる時もあれば、青あざになった原因が全く思いつかないこともあります^^;

どちらにせよ青あざを見つけたら適切な対処をすることで、そのまま放置するよりも早く青あざを治すことができますよ。

スポンサーリンク