水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

肺炎は人にうつるうつらない?うつる肺炎の種類や予防法について

   

マスク肺炎は人にうつるのかうつらないのか、うつりやすい肺炎の種類はあるのか?

肺炎がうつらないための予防法はないのか?など肺炎について調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

そもそも肺炎ってなんだっけ?

ウイルスや細菌などの病原微生物により肺に炎症が起きる病気のことをまとめて肺炎と呼びます。

日本における死因で第3位や4位にあがっている肺炎。

肺炎で亡くなってしまう人の9割以上が65歳以上と、高齢の方が9多いのが肺炎の特徴ですね。

肺炎は人にうつるのかうつらないのかどっち?種類によって違う?

肺炎は人にうつりにくいものとうつりやすいものがあります。

人にうつりやすいものはインフルエンザ肺炎・SARS・肺炎球菌による肺炎・マイコプラズマ肺炎です。

風邪を拗らせて発症した場合や、体力や目根気力が落ちているときにかかる肺炎や、誤嚥(飲食物が誤って気管や気管支内に入ること)による肺炎は人にうつりにくいです。

人にうつりやすい肺炎はどうやって感染するの?

インフルエンザ肺炎・SARS・肺炎球菌による肺炎・マイコプラズマ肺炎は、人にうつりやすい肺炎だと先ほど話しましたね。

では人にうつりやすい肺炎はどのようして感染するのでしょうか?

主に咳と一緒に吹きだされる霧状のツバの中に病原体が含まれており、それにより人に肺炎がうつってしまうんですね。

また空気中に浮遊している病原体を吸い込んでも肺炎はうつります。

肺炎の感染経路はだいたいがくしゃみや咳による飛沫感染です。

肺炎を発症している人がくしゃみや咳をすることで細菌が飛び散り、それを吸収して体内に細菌を取り込んでしまうため肺炎が感染してしまうんですね。

肺炎となる原因の病原体について

肺炎の原因となる病原体は大きく分けて4つあります。

ウイルス性肺炎・細菌性肺炎・真菌性肺炎・マイコプラズマ肺炎です。

ウイルス性肺炎はインフルエンザウイルスや麻疹ウイルスなどが原因で引き起こされます。

インフルエンザ菌などの細菌がからだに入り込んでしまう細菌性肺炎です。肺炎の中で一番多いのはこの細菌性肺炎ですね。

真菌性肺炎が発症するのは稀ですが白血病などで免疫力が極端に低下している方や、ステロイドホルモン剤を服用している人がなりやすいです。

子どもに多い肺炎がマイコプラズマ肺炎で、通常の検査ではマイコプラズマ肺炎を見つけにくいのが困りものです。発見しにくいため治療をしている最中にマイコプラズマ肺炎だった…とわかるケースも少なくありません。

スポンサーリンク

 

風邪がいつまでも治らなくてしんどい→肺炎だった!

風邪
よく聞く話は風邪がいつまでたっても治らなくてつらいなぁと思っていたら…実は肺炎でしたというもの。

若いとすぐに回復できるのでまだいいんですが、年を取ると回復力や抵抗力も落ちますので命に係わる危険な病気となります。

発熱と合わせて胸痛がしたり咳やたんがいつまでたっても治らないときは肺炎かもしれません。

肺炎の予防は風邪予防と同じく手洗い・うがい・マスクを着用!

予防接種
肺炎の予防は風邪予防と同じく外から帰ってきたら必ず手洗い・うがいをすること。

またマスクを着用して外出するようにするのも肺炎や風邪予防には重要です。

マスクの着け方はまず内側に半分に折ってプリーツを広げ、顎までしっかりと覆ったら最後に鼻の形に合わせましょう。

これでしっかりと細菌や今のシーズンなら花粉をガードできますよ^^

部屋の中で過ごすときは喉が乾燥しないように湿度も意識してみてください。

喉が乾燥してしまうと菌が受け入れやすい環境をつくってしまうからです。

室内の湿度は50パーセント以上がオススメです。

肺炎は免疫力や体力が落ちると発症しやすくなるので、からだを鍛えてウイルスに負けないからだ作りをすることも大切です。

また肺炎球菌による肺炎は予防接種をすることで8割以上防ぐことができますよ。

心臓・肺・肝臓・腎臓に疾患を持っている方や、糖尿病の方は肺炎の予防接種を受けておくと良いでしょう。

特に高齢者の方は肺炎になると命に係わるケースも多いため、肺炎の予防接種を受けておくことをオススメします。

一度予防接種をすれば5年ほどは効果が持続しますし、そんな肺炎にならないし…と思わずに積極的に予防接種に行ってみてくださいね^^

日本人の死亡する原因で第3位~第4位な肺炎をしっかりと予防しよう

日本人の死亡する原因の4位(過去には3位になったことも)の肺炎はとても怖い病気ですね。

肺炎は人にうつりやすい種類のものもあれば、人にうつりにくい種類のものがあります。

肺炎の予防は基本的には風邪予防のときと同じで、帰ってきたら手洗いうがいをする・マスクを必ず付けて外に出る、あとは体力や抵抗力をつけるために日頃から運動をして健康なからだづくりをするのも大切です。

また肺炎の予防接種を受けるのも効果的なのでオススメです。

一度予防接種を受けたら5年ほどは効果が持続するので、肺炎を予防するなら予防接種をしない手はありませんね^^

スポンサーリンク