水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

鴻巣花火大会2016の日程と有料席は?屋台は出店される?

      2016/07/19

花火大会鴻巣(こうのす)花火大会は正四尺玉という開花半径400メートルほどの花火が打ち上げられるということで、「世界で最も重たい花火」としてギネスに認定された花火大会なんですよ。

2016年で15回目を迎える鴻巣花火大会はこれからドンドン盛り上がりそうですね( ´∀`)

今回はそんな鴻巣花火大会の2016年の日程や、有料席や駐車場情報などをお伝えします。

スポンサーリンク

 

鴻巣花火大会2016年の日程や会場の場所は?

10月第15回こうのす花火大会は2016年10月8日(土曜日)に開催します。

荒天の場合は10月9日(日曜日)に順延。

開会時間は18時から。

花火の打ち上げ時間はまだ公表されていませんが、去年は18時30分~20時30分でしたので今年も同じ時間帯になると思います。

会場は糠田(ぬかた)運動場および荒川河川敷です。

鴻巣花火大会会場へはJR鴻巣駅西口から歩いて30分ほど。

世界一の大玉4尺玉打ち上げのため立ち入り禁止区域が大幅に変更に

鴻巣花火大会では世界で最も重たい花火を打ち上げるため、立ち入り禁止区域が大幅に変更されました。

鴻巣西中前土手で花火を見ることはできなくなったのでお気を付けください。

無料観覧席やアクセス方法については公式サイトでアナウンスされているので、一度チェックしてみてくださいね。

会場アクセス(http://kounosuhanabi.com/

鴻巣花火大会の花火を見る際は有料観覧会場もしくは無料観覧会場で見るようにしましょう^^

有料席

第15回こうのす花火大会の有料観覧席は現在チケットぴあにて発売中です。

有料席の種類はブルーシート(14.040円)、ペアシート席のブルーシート(7.560円)、自由席のブルーシート(3.780円)、撮影席(5.400円)、があります。

未就学児は無料です。

有料桟敷席や有料撮影席の座席図は有料観覧席販売(http://kounosuhanabi.com/)で確認できるので一度チェックしてみてくださいね。

また鴻巣花火大会の有料観覧席では座席は指定できないのでお気を付けください。

それからイス持込み可能席以外でイスの持ち込みは禁止です。

指定席なら場所取りしないでまったりと花火を見ることができるので良いですね^^

無料で見れる観覧エリアで花火を楽しむのも良いですが、やはり場所取りの争奪戦が厳しいので(´・ω・‘)

またお金を払うだけあって確実に近くで打ち上げられる花火が楽しめるのが有料席のメリットでもあります♪

スポンサーリンク

 

駐車場や交通規制について

車鴻巣花火大会では吉見総合運動公の駐車場が利用できます。

駐車料金は1日2.000円で収容台数は2.000台ほど、駐車場の開場時間は後日公表とのことです。

ただ毎年道中が大変込み合うのと駐車場の台数に限りがあるため、夕方にはもう満車になってしまうので早めに現地に着くように心がけましょう。

吉見総合運動公には無料観覧会場もあるため大きな駐車場でもすぐに埋まってしまうんですよね(´Д`)

また鴻巣花火大会では交通規制が敷かれるのでお気を付けください。

会場アクセス(http://kounosuhanabi.com/)で交通規制図の画像があるので一度見てみてくださいね。

荒川周辺は立ち入り禁止区域となっています。

他にも7時から打ち上げ終了まで、16時から打ち上げ終了まで車両通行禁止のところがあったり、終日車両進入禁止のところもあるのでご注意を。

鴻巣花火大会では屋台は出店されるの?

チョコバナナ鴻巣花火大会では有料観覧会場・無料観覧会場・吉見観覧会場(無料)の3つの観覧エリアがあります。

それぞれの観覧会場で例年屋台が出店されていますよ^^

屋台の数はだいたい各観覧会場ごとに20店~50店ほど。

2016年はどのような屋台が出店されるか実際行ってみないとわかりませんが、参考までに過去にどのような屋台があったかご紹介しますね。

鴻巣花火大会で多いのはテキ屋さんによる屋台です。

もちろん屋台で定番の焼きそばやフライドポテトなどもありましたよ。

デザート系ならチョコバナナ・リンゴ飴・ベビーカステラなどがあったり。

他にもB級グルメのこうのすコロッケや、とん汁やぎょうざドックなど商工会が出しているお店かな?という屋台もありました。

あとは行田市のB級グルメである「ゼリーフライ」の屋台もありましたね。

ゼリーフライはオカラやじゃがいもが入っているのが特徴なんですが、見た目がコロッケみたいなものからお好み焼きっぽいものまでバリエーション豊かです^^

それぞれの観覧会場で屋台は出店されており、定番の屋台は一通りそろっている印象なのでどこの観覧エリアでも屋台は楽しめますよ( ´∀`)

メインはもちろん花火ですが、屋台の食べ歩きも堪能してきてくださいね♪

10月に開かれる花火大会なので寒さ対策をしっかりと

寒がる女性鴻巣花火大会はアクセスが悪いのでちょっと大変ですが、それでも大勢の人が訪れるくらい魅力がある花火大会です。

ギネスに認定された4尺玉の花火や、ラストの尺玉300連発のスターマインは圧倒されますよ。

それから開催日が10月の夜なので寒さ対策をしておくと良いですね。

秋物のセーター1枚ではとても寒いです(゚д゚ ; )

当日の夜の気温が15℃までなら羽織れる物を1枚用意しておきましょう。

15℃以下の場合は冬服で挑んだ方が良さそうです。

寒さに負けずに鴻巣花火大会を楽しんできてくださいね( ´∀`)

スポンサーリンク