水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

シャンプーの詰め替えをのそのままするのは危険!正しいシャンプーの詰め替え方法

   

シャンプー
シャンプーやリンスにボディソープやハンドソープなど、大抵の商品には詰め替え用のものが売られていますよね。

いちいちボトルから買い替えるより安く済みますし、ボトルも無駄にせずに済むので詰め替え用はありがたいのですが…。

あなたはシャンプーなどを詰め替えするときそのままボトルに入れてはいませんか?

もしそのままいられているならあなたのボトルの中は雑菌だらけに…(゚д゚ ; )

今回はシャンプーの詰め替えをそのまま行うのはなぜ危険なのか、正しいシャンプーの詰め替え方法についてお話します。

スポンサーリンク

 

雑菌だらけのボトルをそのまま使っていると病気になる可能性も

ボトルの中に水が入ってしまい雑菌が繁殖したまま使用を続けていると、緑膿菌やセラチア菌などの温床になるため化膿症になる恐れもあります。

また手や足に切り傷などがあるとその傷から感染してしまう恐れもありますね。

からだが健康な人ならシャンプーを使った後洗い流すためほとんど害になることはありませんが、免疫力などが落ちているときは注意が必要です。

また健康な人でも血液に入ったりすると、感染症を発症するリスクがドーンど上がると言われているのでやはり危ないですね。

スポンサーリンク

 

水が入ってしまうとシャンプーなどは劣化してしまう

バスルーム
シャンプーなどに水が入ってしまうと雑菌が増殖する上に品質が劣化してしまいます。

なので使い切ったら軽く水洗いしてすぐに詰め替え…なんて最悪です(゚д゚ ; )

正しいシャンプーの詰め替え方法とは?

日光
シャンプーを使い切ったらボトルをしっかりと洗います。

ボトルの中だけでなくフタの裏やポンプの中も見落とさずにきちんと洗いましょう。

洗い終わったらすぐに詰め替えせずにボトルを丸一日使って乾かします。

ボトルを外で干せば太陽光により雑菌が死ぬため、安心して中身を詰め替えて使うことができますよ。

シャンプーはボトルがしっかりと乾いたのを確認してから入れてくださいね。

使い終わったらすぐに詰め替えしていた人は要注意

毎日お風呂に入って髪やからだを綺麗に洗っていても、ボトルが汚れて中身のシャンプーなどに雑菌が入っていたら意味がありません。

面倒かもしれませんが使い終わったらすぐに詰め替えせずに、一度全て綺麗に洗って屋外で干して雑菌を排除してから詰め替えしましょうね。

シャンプーなどボトルに詰め替える時に一番重要なのが乾燥させること。

水分をしっかりと飛ばして乾燥させれば雑菌が繁殖してしまうのを防ぐことができるからです。

ボトルを乾燥させている間はシャンプーが使えないので、ボトルを2つ以上用意しておくといいかもしれませんね。

2つ以上容器があればひとつを干している間使えますし、交互に乾燥させて使うことができるので衛生的にもグッドです^^

スポンサーリンク