水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

目黒川の桜2016の見頃やアクセス方法は?混雑するのは避けられない?

   

目黒川沿いの桜
東京都内にはお花見スポットがたくさんありますが、中でも人気が高いのが目黒川の桜ですね。

目黒川の桜は去年のとあるタウン誌ではお花見ランキング1位でした。

今回はそんな目黒川の桜情報をお伝えします。

スポンサーリンク

 

目黒川の桜の見頃はいつ頃?

目黒川の桜の見頃は例年3月下旬から4月上旬です。

もう春だし…と思って薄着で行くと案外寒くて風邪を引きやすいのでお気を付けください。

特に夜桜を見に出かける方は羽織れるものを持っていくと良いですよ^^

目黒川の桜のライトアップの期間と時間は4月1日から4月10日までの日没から21時です。

中目黒駅~池尻大橋の区間で行われる桜のライトアップは、ボンボリの優しい灯りに照らされる桜は是非見ておきたいですね。

目黒川へのアクセス方法は?

目黒川の場所は東京都目黒区大橋~下目黒。

目黒川で桜が植えられている場所は池尻大橋駅から目黒駅辺りまで。

最寄駅は山手線の目黒駅から歩いて5分ほど、東横線の中目黒駅から歩いて2分ほどになります。

目黒川でさくらまつりを楽しもう!

目黒川の桜は咲いてる距離が3.8kmもあるので、桜まつりの期間はいろんなところでイベントが行われています。

目黒川と蛇崩川の合流点遊び場では中目黒桜まつりが、4月3日の10時~17時10分まで開催されます。

地元の学校やサークルが披露してくれるフラダンスや阿波踊りなど、各種パフォーマンスを楽しむことができますよ。

目黒駅よりの田道広場公園 田道ふれあい橋では目黒イーストエリア桜まつりが、4月2日(10時~18時)・4月3日(10時~19時)に開催されます。

地元のお店の人が出す模擬店やフリーマーケットや、大道芸人など各種パフォーマンスを楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

 

目黒川の桜はソメイヨシノがおよそ800本も!

目黒川の桜
目黒川の桜は何が凄いかというと植えられている桜の数ですね。

ソメイヨシノだけでおよそ800本も植えられているんです。

目黒川の大橋~太鼓橋まで3.8kmずら~と重なるようにソメイヨシノが咲いている光景は、思わず写真に撮りたくなること間違いなし!

このたくさんのソメイヨシノは土手の両側に植えられており、橋から川を見ると桜のアーチが出来ているみたいでこれがキレイなんですよ^^

遊歩道が目黒川沿いに敷かれているので、ソメイヨシノがぶわーっと咲いた光景をゆっくりと散歩しながら楽しむことができますね。

しかし人気がある桜スポットだけあってお花見シーズンは混雑する…

ただ目黒川の桜は人気がある桜スポットなので、宴会が禁止されている場所でも人が大勢訪れます。

桜の見頃の時期で土日は混雑することは避けられないでしょう。

そこでオススメなのは目黒川お花見クルーズです。

クルーズなら目黒川の桜を船の上からゆっくりと眺めることができますよ。

家族・友人・恋人と一緒に船の上から目黒川の桜を堪能するのも良いですね。

お花見クルーズならひとりでフラッと目黒川の桜を見に行きたいときも、気軽に桜を見ることができるのが魅力です。

また目黒川のお花見クルーズは昼の部と夜の部があります。ですのでお花見クルーズでも夜桜を楽しむことができますよ^^

昼の部は乗合ですが夜の部は1隻貸切になります。

夜の部は1隻貸切になるため飲食物を持ち込んでもOKなのがうれしいですね。

都内でも有数の桜の名所の目黒川は昼も夜も桜がたのしめます

ライトアップ
目黒川の桜は昼でも夜でも桜が楽しめるのが良いところです。

ライトアップされた夜桜は昼間の桜とはまた違った雰囲気を楽しめますよ。

2016年のお花見は昼でも夜でも桜を楽しめる目黒川に行ってみてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク