水平線の彼方へひっそりと。

ちょっとした豆知識から小ネタまで赴くままに書いています。

埼玉県栗拾い2016おすすめスポット3選

      2016/06/03

栗
栗は蒸していただいても焼き栗にしてもおいしいですよね^^

スーパーで買ってくるのも良いですが新鮮な栗をゲットしたいなら栗拾いはいかがでしょうか?

普段お店に並んでいるものを自分の手でとってくるのはなんだかワクワクしますね。

今回は埼玉県内にあるオススメの栗拾いスポットをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

 

バーベキューも可能な栗拾いスポット・たいら栗園

たいら栗園のサイトはこちら→http://tairakurien.com/

奥武蔵自然公園の山々に囲まれた高麗川のほとりに位置する栗園です。

こちらでは栗拾いはもちろん夏にはブルーベリー狩りも楽しむことができますよ^^

また予約が必要&別途お金がかかりますがバーベキューをすることもできます。

バーベキュー施設は西武線東吾野駅から歩いて15分ほどの場所にあり、川が見える開放的なバーベキュー場となっています(雨でもバーベキュー可能)。

たいら栗園の場所は埼玉県飯能市井上54-2。

栗拾いの時期は9月上旬~9月下旬で営業時間は11時~17時(季節によって変わります)。

たいら栗園の定休日は火曜日不定休なので電話などで営業しているか問い合わせることをオススメします。

入園料が小学生以上400円・幼児200円で拾った栗は1kg700円~でお持ち帰り可能。

団体で栗拾いをする場合やバーベキューをする場合は予約が必要です。

栗拾いの時間は9時30分~14時30分ですが入園者数に制限があるため時間より早く終わる場合もあるのでご注意を。

問い合わせ先の電話番号はこちら→042-978-0327(受付時間9時~16時)

ぶどうの種類が豊富な農園だけど栗拾いもできる田中ぶどう園

田中ぶどう園のサイトはこちら→https://sites.google.com/site/tianzhongliyuan/

2012年に田中栗園から田中ぶどう園に名前が変わったこちらの観光農園ではぶどう狩りと栗拾いができますよ。

名前にぶどう園とあるだけあってぶどうの種類がたくさんあるのでぶどう狩りへ行くのもオススメです^^

またぶどう狩りは収穫スペースが広くなったので、木陰の休憩スペースで収穫したぶどうをまったりしながら堪能することができますよ。

ただ栗拾いは天候や寒暖差により木から実が落ちない場合もあるので1日の収穫量に限りがあります。

営業期間の土日祝日でも栗がなくなると閉園してしまいぶどう張りのみの営業となる場合もあるのでお気を付けください。

こちらで扱っている栗の品種は国見・筑波・利平。

田中ぶどう園の場所は埼玉県所沢市中富808。

栗拾いの時期は9月上旬~9月下旬で営業時間は10時~17時30分(入園は17時まで)。

また栗拾いは土日祝日にしか実施されないので曜日にお気を付けください。

入園料が大人500円・小学生以下400円・2歳以下無料で拾った栗は1kg900円でお持ち帰りできます。

こちらも団体の場合は予約が必要ですが個人で行くなら予約しなくても大丈夫です。

問い合わせ先の電話番号はこちら→04-2942-0860

スポンサーリンク

 

ぶどう狩りと栗拾いができる秩父観光農園村

秩父観光農園村のサイトはこちら→http://www.ksky.ne.jp/~presto/

秩父観光農園村は秩父市の荒川沿いにある12軒の農園が集まった観光農園村です。

こちらでは栗拾いやぶどう狩りの他に1月~5月末頃にはイチゴ狩りが楽しめますよ。

季節ごとに果物や栗の収穫体験ができるのが楽しいですね( ´∀`)

秩父観光農園村の場所は埼玉県秩父市寺尾。

観光農園村の内部にある高野栗園で栗拾いができます。

栗拾いの時期は8月中旬~9月末で営業時間は10~17時。

秩父観光農園村は不定休なので事前にやっているか問い合わせることをオススメします。

入園料は小学生以上300円で拾った栗は1kg700円でお持ち帰り可能。

こちらも団体の場合は予約が必要となります。

問い合わせ先の電話番号はこちら→0494-23-9201

秋には栗拾いをして持ち帰った栗を思う存分楽しもう!

今回は埼玉県にあるおすすめの栗拾いスポットをご紹介しました。

味覚狩り全般に言えることですがその年の天候や品種により収穫できる時期が違うため、各農園へ今栗拾いをやっているかどうか確認してから行くのをオススメします。

栗は焼き栗や栗ごはんなどご飯にでいただいても美味しいですし、栗きんとんなどデザートとして食べても美味しいので良いですよね(*´ω`*)

そんな栗を拾いに今年の秋は埼玉県にある栗拾いスポットへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク